事前推論結果を送信するAPIについて

アノテーションツールのClassificationプロジェクトに関して、事前推論APIで流し込んだデータに対して、事前推論結果をそのまま送信する(Shift+Enterと同じ操作をする)APIはございませんでしょうか。

現状、事前推論結果をそのまま送信するようなAPIはございません。

ただ、下記のURLでアノテーション結果を登録することが可能です。

POST https://annotation-tool.abeja.io/api/v1/projects/<project_id>/results?task_id=<task_id>

Payload

{
  "not_labeled": false,
  "information": <事前推論結果のJSON>,
  "work_start_at": "2019-05-27T04:30:31.983Z",
  "work_finsh_at": "2019-05-27T04:30:38.389Z",
  "previous_result_id": null
}
GET https://annotation-tool.abeja.io/api/v1/projects/<project_id>/tasks/assigns?count=1

上記のAPIにて登録済みの事前推論情報とタスク情報がレスポンスで返りますので、プログラム上でそちらの事前推論結果と同じものを <事前推論結果のJSON>の部分に含めた上で、APIを実行いただけますと事前推論結果をそのまま送信すると同様のことが可能になります。