[2020/3/18] ABEJA PlatformおよびSDK/CLIで機能拡張を実施しました

[ Release Notes :tada: ] ABEJA PlatformおよびSDK/CLIで機能拡張を実施しました
本日は、ご要望の多くいただいておりました機能の拡張についてアップデートをご案内します!

■ABEJA Platform の機能拡張

  • データレイクチャンネルのアーカイブ/アンアーカイブ機能
  • デプロイメントしたHTTPサービスの停止・起動機能
  • ジョブ定義のバージョン作成時にセグメンテーション用のテンプレート機能
  • ジョブ定義のバージョン作成時にテーブルデータ用のテンプレート機能

■ABEJA CLIの機能拡張

  • 以下のリソースのリストを取得する際、アーカイブされている情報を
    含めるかどうかを指定するパラメータ追加
    (データレイクチャンネル,ジョブ定義,ジョブ定義バージョン,学習ジョブ,学習モデルで使用可能)
  • データセットアイテム一覧を取得
  • モデルでサービス作成時に実行するインスタンス数を指定

ABEJA Platform CLIドキュメント
https://developers.abeja.io/reference/cli/

■ABEJA SDKの機能拡張

  • 学習ジョブ作成時にdescriptionを追加
  • 以下のリソースリストを取得する際、アーカイブされている情報を
    含めるかどうかを指定するパラメータ追加
    (データレイクチャンネル,ジョブ定義,ジョブ定義バージョン,学習ジョブ,学習モデルで使用可能)
  • デプロイメントしたHTTPサービスの開始および停止
  • SDKよりNotebook操作(作成・更新など)が可能なAPIの提供
  • クエリ実行時のタイムアウト値とリトライ回数を設定できる機能

ABEJA Platform SDKドキュメント
https://sdk-spec.abeja.io/

こちらの機能はすでにご利用いただいておりますお客様の環境にてご利用いただけます。
ぜひ、ご活用くださいませ!